会社情報

会社情報

会社概要

商号 マツハヤ・コーポレーション株式会社(英文表記:MATSUHAYA Corporation)
本社 〒852-8061 長崎市滑石二丁目1-38
創立 2010年3月31日
資本金 1,000万円
代表者 代表取締役 古賀 幸徳
事業内容 モバイルセールス事業、モバイルソリューション事業
ドコモショップ 17店舗+1営業所
株主 MXモバイリング株式会社
年間売上高 96億円(2017年3月期)
従業員数 394名(2017年4月現在)

丸紅グループMXモバイリング株式会社の連結子会社です。

創業の精神

~人とともに、地域とともに。~

企業理念

コーポレート・スローガン

私たちは、“想像力と創造力”、そして“卓越した現場力”を活かし、先進的なコミュニケーションスタイルの提案を通じて、すべての人々の心豊かな未来の実現を目指します。

私たちが大切にするもの

“Challenge” 新たな世界を切り拓く
“Speed” 先を読み期待を超える
“Independence” 自ら考え、動き、楽しむ
“Diversity” 違いを尊重し革新を生む
“Happiness” 感謝を忘れず笑顔を広げる
“Professional” 誇り高く正義を貫く

女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画

詳しくはこちら

沿革

前身会社の沿革

1883年
(明治16年)
マツハヤ・コーポレーション株式会社の前身である石油製品販売事業の「松早石油店」創業。
1937年
(昭和12年)
「株式会社松早石油店」を設立 資本金48万円。
1981年
(昭和56年)
「松早石油株式会社」に商号変更。
1995年 松早石油株式会社100%子会社の松早コンピューター・サービス株式会社がドコモショップ長崎大波止店を開店し、本格的にドコモ事業を開始する。
2002年 松早石油株式会社が松早コンピューター・サービス株式会社を合併し、同社のドコモ事業を承継する。
2006年 「マツハヤ株式会社」に商号変更し、マツハヤグループはマツハヤ株式会社(石油事業、ドコモ事業)、100%子会社の松早商事株式会社(TSUTAYA事業、フード事業、ゴルフ事業)および株式会社ホンダ松早(自動車販売事業)の3社体制にて運営する。
2008年 石油事業を新設分割して新設会社のマツハヤ石油株式会社に承継し、新設会社を株式会社ENEOSフロンティアへ譲渡する。運営ドコモショップ店13店。

当社の沿革

2010年3月 マツハヤ株式会社のドコモ事業およびファミリーマート事業を新設会社の「マツハヤ・コーポレーション株式会社」に承継し、NECモバイリング株式会社(現 MXモバイリング株式会社)に譲渡する。
マツハヤグループ3社(マツハヤ・コーポレーション株式会社、松早商事株式会社、株式会社ホンダ松早)は、NECモバイリンググループ(現 MXモバイリンググループ)の傘下にて運営する。
2011年3月 株式会社ホンダ松早を事業譲渡する。
マツハヤグループは、マツハヤ・コーポレーション株式会社、松早商事株式会社の2社体制にて運営する。
2014年2月 ドコモショップ西鉄久留米駅前店、ドコモショップ野多目店およびドコモショップ日田店の事業譲渡を受け、運営を開始する。運営ドコモショップ店16店。
2014年10月 ドコモショップ佐世保大塔店の事業譲渡を受け、運営を開始する。運営ドコモショップ店17店。
2014年12月 松早商事株式会社にて運営していたフランチャイズ事業を新設会社に承継し、譲渡する。マツハヤグループは1社となる。
2015年3月 ファミリーマート事業から撤退しドコモ事業に特化する。
2015年4月 MXモバイリング株式会社が丸紅テレコム株式会社と統合。丸紅グループ傘下へ
2015年5月 ドコモショップ日田店が複合商業地に移転OPEN。
​2016年2月 ドコモショップ対馬店 リニューアルオープン

グループ企業Marubeni Group

  • MXモバイリング株式会社
    MXモバイリング株式会社
  • 丸紅テレコム株式会社
    丸紅テレコム株式会社
  • 南国テレホン株式会社
    南国テレホン株式会社
  • 日本通信サービス株式会社
    日本通信サービス株式会社
  • モバイルケアテクノロジーズ株式会社
    モバイルケアテクノロジーズ株式会社
このページの先頭へ戻る